So-net無料ブログ作成
検索選択
園児トラブル ブログトップ

幼稚園児、五月病 [園児トラブル]

年中さんは今の時期が一番グダグダなんですよ~

これはベテラン先生の台詞。
年少さんは4月、入ってすぐがメチャクチャで。
年中さんはもう幼稚園に慣れてるけど、
新しいクラスには慣れてなくてそろそろストレスが出てくる頃だという。

こんな小さいのにもうストレス?なんて思っていましたら。

息子のクラスメイトの女の子。
彼女は腹痛、頻尿になり、オムツなんて1年以上前に取れてオネショも
しない子だったのに頻繁にトイレを失敗。お腹も痛いし膀胱炎を疑った
ところ異常なしで・・。小児科の先生とあれこれお話したところ

「精神的なものです。この季節、新しい習い事を無理に、
お母さんの希望でやらせたりしてない!?」

といきなり怒られたとか。もともと怖い先生ラシインダケド・・。
彼女のママ「確かに習い事は始めますが、本人はやりたがってますし、
       何よりまだ始まってもいませんが・・・」

先生「んー、じゃあ幼稚園がイヤって言ってる?」

確かに幼稚園がイヤなんだそうだ。そして泣くときはこう言う。

 

お弁当イヤ!幼稚園行きたくない!

 

その子の場合は、クラスでまだ親しい友達もいないのに、
”楽しい””うれしい”お弁当の時間を、自分が楽しくないと感じる所が
悲しくて辛いんだそうです。お歌、うたうんです。
♪おべんとおべんとうれしいな~♪
全然うれしくないのに・・・と悩むその子。

小児科の先生にまで「毎日その子にお弁当を見せて納得させてから
持たせてください。嫌なものは入れないであげて」と言われたとか。

園児って、なんてデリケートなのっ!
息子は給食は大好きなのでまだ楽ですが、彼女の場合は
お昼の時間が恐怖なので毎日ツライんだろうな・・。
偏食もある子らしく、給食の献立見てもションボリだそうです。

ストレスに負けない子に育って欲しいけど、
幼稚園のクラス替えは確かにストレスになりそうです。
”友達がいない”象徴が、お弁当の時間って事なんでしょうか。

息子はふざけたり周りの子としゃべっちゃって食べるのが
遅くて泣いてしまうというアホな理由でお弁当が嫌い。
彼女のようなストレスこそ、早く克服して欲しいなぁ(´Д⊂

 

人気ブログランキングへ お弁当って好きな子ばっかりだと思ってたよ


nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

強くなれ息子と自分 [園児トラブル]

よく聞く育児論。

公園の砂場でお友達のオモチャを取ろうとしているわが子。
あなたならどうしますか?
すぐ止める?
いいえ、見守ってあげてください。オモチャを取られた子は
お子さんから奪い返すかもしれないし、怒って叩くかも
しれない。そして、あなたのお子さんは、
オモチャを横取りするとお友達に怒られる、という事を知り、
横取りしなくなるのです。

これ、オモチャを取られた子が大人しい子だったら、
「他人から奪い取っていいのだ」
って学習しないの?あおりでなく、普通に疑問なのだが。

☆☆☆

上記の育児論は2歳くらいまでの話なんだと思うのですけどね。
わたし息子にいつも「お友達を叩くな!叩かれてもやり返すな!」
と言っていたんです。
「ごめんなさい」とちゃんと言いなさい。とも。
ですが、幼稚園にいるイジワルする子に対して思うところあり、
「ごめんなさい」と言うな、と、真逆の事を言っております。

☆☆☆

身近にイジワルな子がいる。
その子は自分を棚に上げ、とにかく自分の非を認めない。
結局強く言われて息子は自分がイジワルされた上、泣かされた上、
謝らされる。
そして、わたしの膝の上でで辛かった思いを語る。

 

見守りましょう。

お断りだ!

 

息子よ、もう謝るな。
今度何かされたらその場で叫べ。
「やめて!」「いやだ!」と。

そしてそいつに言ってやれ。
「そんな事されて嫌な気持ちがする」と。

それでもイジワルするならそいつと遊ぶな。
他の子と遊ぶか、一人で遊べ。

一人は寂しいね。だけど、ママはいつでも味方だから。
君がイジワルされてどうしようもなく辛くて許せなくて
夜も眠れなくなってしまったら、ママがそいつをやっつけるから。

ママは強いんだよ。

☆☆☆

所詮園児。相手に言い返す悪魔のような台詞を息子に
仕込んでおけば容易にイジワルする子に仕返しできる。
ママネットワークを使って、相手の親に攻撃することだってできる。
むしろわたし自らそのママか、園児に攻撃できる。
親というものは、子供への愛という名を大義名分にして、
他人を容易に憎むことができる。そしてその事の危険さすら
気が付かない。

親がしっかり地に足をつけなくてはいけない。
客観的な目を、瞑ってしまってはいけない。
安易な道を選び続けてはいけない。
子供に、強さの見本とならなくてはいけない。
その強さは腕力でも言葉の暴力でもなく。

ママは強いんだよ。

その言葉の通りになれるよう、鍛え続けなくてはならない。

 

人気ブログランキングへ 手っ取り早くイジワル子とは離れたいだよ!

 


nice!(8)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児
園児トラブル ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。